ちゅらトゥースホワイトニングは、とにかく効果が凄い!と評判なんですが、その効果の秘密はどうやら成分にあるようです。

成分は一体どのようなものが配合されているのでしょうか?

早速、成分についてご紹介していきたいと思います。

まず、PAAという成分です。
こちらはポリアスパラギン酸という成分で、汚れをはがして、浮かせて、落とすという作用があります。
この作用は、従来の歯磨き粉ではない作用なので、歯に傷もつきにくく、美容液としては最適です。

次にリンゴ酸とビタミンCです。
この2種類はどちらも再び汚れが付着しないようにしてくれる作用があります。
歯茎の健康も守ってくれるのでお口のトータルケアをしてくれます。

次にGTOです。
こちらはあまり聞きなれない成分ですが、虫歯リスクを大幅に下げる作用があります。
元凶であるGTaseという菌を阻害してくれるそうです。

そして、口臭の原因となってしまう菌を除去してくれるのが、シメン-5-オールという成分です。

これらの成分によってちゅらトゥースホワイトニングは形成されています。

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトの公式サイトはこちら